セルビア(Serbia)の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/07

なほちゃんに紹介してもらった陶芸家リュビッチャさんと待ち合わせ。
初対面なのに大歓迎。妹の通う美大へ。舞台のセットのデザインなどを勉強しているらしく、ちょうど展示会の準備が終わったところだった。オーケストラのセット?
P6040775.jpg

リュビッチャさんと旦那さんのニコラさん(こちらはインダストリアルデザイナー)と陶芸の教授ヴキチェビッチさんに町を案内してもらう。
街で最も古いと思われるレストラン。名前もわからないくらい古いので?のマーク。
P6040766.jpg

セルビア正教の教会。
P6040768.jpg

陶芸友達のイバナさんも来て、ヴキチェビッチ邸で昼食を御馳走になる。お肉は当然ケバブ風に香辛料で香りがよい。ブルガリア風パプリカの煮込み、かぼちゃのドレッシングで野菜を頂く。ラズベリーのジュースもセルビア名物なのだと。大満足のランチでした。
教授のおじいさんは旧ユーゴの首相?だったらしい!
P6040779.jpg

彼らは陶芸家ということで、日本に文化庁の招きで何度か来ているので、ちょっと日本語も話せたりして、日本の食事の話や、ベオグラードの話で盛り上がる。
P6040788.jpg

リュビッチャさんの子どもを幼稚園に迎えにいって、お別れ。初対面なのにこんなに時間を割いて歓迎していただき、感謝感謝です。
P6040790.jpg

教授の車でさらにガイドしてもらう。作りかけの聖サヴァ教会。めっちゃ大きい!第二次大戦前から作っているのだけどまだ全然完成しない。ガウディみたい。
雨が降ってきて教授宅でさらにお世話になる。陶芸家が次々と集まり、雑談。途中まで日本の陶芸家だと思われていた!!教授はマイペースで最高!
バス停まで送って頂き、1日ウルルン滞在記は終了。数時間でも通りがかりの旅行者なのに、こんなに温かいもてなし、心から感動しました。ありがとう!教授は来月日本の瀬戸にくるらしい。歓迎できず残念だが、またの機会に。
ベオグラードのモンマルトル、スカダルリヤでお洒落にお茶をして、短い滞在は終了。
P6050797.jpg

夜行列車でギリシャのテッサロニキへ。(21時発、寝台6人部屋で一人3000ディナール、所要15時間)
スポンサーサイト

06/07

5時に起きて、6時のバスでセルビアの首都ベオグラードへ。(一人31マルカ。荷物代込)
バスターミナルもセルビア側とボスニア側で別れているのだが、去年からボスニア側からもベオグラードへの便が1日1便出るようになったのだ。7時間もかかるのでボスニア側発の朝一の便にした。ボスニア側ターミナルの方が近いし。朝5時過ぎにはトラムも走ってないのでタクシーで。チェコからのツーリストとシェア。メーターでちゃんと走ってくれて、4マルカ。3人だとトラムよりお得。(トラムは1人1.6マルカ)
バスターミナルには、みたびイバナ登場。朝早くからご苦労様やね。イバナ家に泊まった気の弱そうな白人を送ってきたのだと。犯されてないかしら?今日もアイムソーリーを連発しつつ、さよならの挨拶は熱く頬を摺り寄せられた。夜行バスで着いた一人旅の男性を拉致って帰って行った。
ユーロラインのバスで定刻に出発。山間の道を走るが、景観はイマイチ。3時間ほどで国境へ。ロシア語チックなキリル文字の世界になる。
P6030743.jpg

街の人は国境の橋を普通にパンを買出しにという感じで渡っている。緊張感はなし。元は同じ町だったんだろう。道は舗装はされているが、時々大きく揺れ、狭い片側一車線道をひた走る。最後の1時間くらいだけ高速があり。両国ともにインフラは整っていない印象。これもまた戦争の傷跡か。セルビアのトイレ休憩ではボスニアマルカは使えず。両替屋もなく、セルビアディナールをチェコの彼に恵んでもらう。ありがとう!
ベオグラードはサラエボと違って大都会。ベオグラードとは白い町という意味。まずは、ハンバーガーとチェパヴィでランチ。ここでもお肉が美味しい。日曜でツーリストインフォメーションも休みだし、疲れたので、地球の歩き方に載ってる駅前のベオグラードホテルへ。(風呂トイレつき、ダブル3500ディナール)エアコンはフロントのみ。
なほちゃんの友達のセルビア人リュビッチャさんに電話して明日会えることになる。
一眠りして、町へ。
町の中心のミハイロヴァ通りはかなりの繁華街。
P6040745.jpg P6040746.jpg

ディーゼルやらマンゴやら知られたショップやオープンカフェが並ぶ。やたらとアイス屋の屋台が多い。暑いから?
クロアチアやボスニアは女性も含めて、異常に喫煙率が高かったが、ここではそんなに見かけない。でも喫煙率はヨーロッパ3位らしい。
砦のあるカレメクダン公園はカップルだらけ。サヴァ川とドナウ川が夕日に染まって美しい。
P6040748.jpg P6040759.jpg

虫もいっぱいいたけれど。土産物の屋台では1ヶ月で300万倍になったハイパーインフレ時代の旧500億ディナール札も売っている。ヨーロッパらしい建物も多いが、サラエボほどではないが廃墟のような古い建物も目立つ。
ホテルのテレビでスターウォーズを見つつ就寝。

日本の皆さん。今日も長々と読んで下さりありがとうございます。
ドコモの方はショートメールでメールを送ってもらえると助かります。70文字までだけど受信料が無料と判明したので。imodeメールだと受信に50~100円かかるし、旧ユーゴでは受信できません。ショートメールは受信可能。EzwebとかもSMSできるのかな?SMSなら受信できるのだけど。送信はimodeメールの方が安いのでimodeメールで送ります。
なお、このページはhttp://meototabi.blog102.fc2.com/?m で携帯からも見られるようです。
気が向いたら携帯からもアクセスしてみて下さい。週1回以上の更新を目標にしています。
トップへ | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。