FC2ブログ

12/14

ペルーとボリビアの国境、富士山より高い標高3850mに位置するチチカカ湖へ。
クスコからはバスで6時間、途中標高4335mのララヤにて雪の残った山を望む。
PC065121.jpg

ペルー側の町はプーノここから1日ツアーでチチカカ湖の島を巡る。まずはウロス島。ここは本当の島ではなく、トトラと呼ばれる葦を積み重ねた浮島なのだ。インカ帝国時代に陸を追われた人たちがトトラの島を作って住んだのが始まりと言う。小さな家族だけの島から、数百人が住む島までたくさんの島が散在する。島の主産業は当然観光。観光客がボートで到着するとお土産が広げられる。
PC065166.jpg

ボートも伝統的にはトトラ製のバルサという舟が使われていたのだが、今は島の人たちは普通のボートに乗っていた。
PC065149.jpg

どこへ行っても子どもの笑顔は最高!
PC065165.jpg


次は本当の島、タキーレ島へ。石積みの段々畑が岸から丘の上まで続く!港から丘の上までの階段は標高4000m以上に達し、さすがに息が切れる。ハァハァ
PC075181.jpg

帽子や女性が頭に被ったり、羽織ったりする布が独特だ。年齢や村のリーダーなど色や形が変えている。それどころか既婚未婚、彼氏募集中からその日の気分!まで色や形で表現しているらしい。
PC075198.jpg

石を積んだだけの門。不安定に見えるがけっこう頑丈だ。
PC075195.jpg


翌日プーノから国境を越え、ボリビア側の町コパカバーナへ。
PC085212.jpg

プーノは都会だったが、こちらは小さな湖畔の町と言う印象。今日は天気がよいせいか、湖の色も真っ青。ボリビア側には太陽の島と言うインカ帝国初代皇帝が生まれたという伝説を持つ島があるが、タキーレ島とかわらんだろうと判断し、湖畔のレストランでランチだけにした。
PC085216.jpg

一路ラパスへ。途中チチカカ湖を渡る。バスを乗せた船も手漕ぎ!!?
PC085219.jpg

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/104-36c221b5

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク