--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/150-1cc564a0

04/07

古都キャンディは山に囲まれた盆地にある。人造湖を中心に町が広がり、ゴミゴミしてはいるが気持ちの良いところだ。近くの山々は世界一の輸出量を誇るセイロンティーの産地である。

コロンボからのバスはインターシティとたいそうな名前が付いているが、なんてことはない日本の中古のミニバス。荷物置き場がないのでバックパックを足元に置くと、足を動かすスペースもない。この状態で3時間半。バスの隣の金持ちそうなおじさんはアーユルヴェーダの医者だった。東京でアーユルヴェーダの店を出したいらしい。今、流行ですからねぇ。センセーによるとダンナの体質はアーユルヴェーダで言うところのVata、ワイフはPittaらしい。

アーユルヴェーダはインド発祥であるが、スリランカも紀元前3世紀から伝わる本場。使われるハーブの種類はインドより多いとも。日本でもお台場なんかにアーユルヴェーダの店があるらしいが、日本の1/4くらいの値段で受けられるので宿で勧められるがままに試してみました。
まずはマッサージ。ハーブのオイルのかほりは完全にカレー。
次にシロダーラというオイルを頭に垂らすやつ。こいつも当然カレー風味。途中で寝ちゃうくらい気持ちいいんだけどねぇ。
さらにスチームバス。箱型の一人用サウナです。これもハーブ(カレー?)の蒸気らしい。
最後にフルコースにしたワイフはハーブバスへ。カレー風呂です。期待を裏切りません!!
毎食カレーで体の中はカレー満載なところに、体の外からもカレー漬けになったのでした。

シャンプーしてもオイルのベトベトは取れないし2日くらい身体から漂うカレーの匂い!ちゃんとラベンダーとかええ香りのするオイルにしてや!これでは日本じゃ流行りませんで。医者のカウンセリングとかもなかったし、ダンナとワイフで使われたオイルも同じだったっぽいし、やっぱガイドブックに載っているような所に行かんといけませんな。十分気持ちよかったのだけどね。あっアーユルヴェーダはハダカで受けたので写真はありません。ひたすら文章ですみません。

スリランカでは仏陀の歯が神聖視されている。仏歯のあるところに都を置いてきた歴史があるのだ。現在仏歯があるのが、ここキャンディのその名も仏歯寺。
IMG_1212.jpg

1日3回仏歯の部屋の扉が開けられる。
時間になると笛や太鼓の演奏で始まり始まり~
IMG_1225.jpg

人々が集まり、お花や食べ物などお供えをしてありがたやありがたやと熱心にお祈りをしている。
IMG_1224.jpg

しかし、実際に歯を見せてもらえるわけではなく、黄金の仏塔の形をしたケースが奥にちらりと見えるだけでした。

毎年7月頃に行われるスリランカで一番有名なキャンディのペラヘラ祭では、背中に仏歯や司祭を乗せた100頭ものゾウとそれに続く踊り手などの行列が市内を練り歩く。仏歯を乗せる大役!を長年勤めたゾウの剥製が仏歯寺に飾られているのであった。
IMG_1230.jpg

夜はキャンディアンダンス。ペラヘラ祭で踊られる伝統的なダンスを毎晩上演しているのである。太鼓や笛に合わせて色々な踊りが披露される。上着につけた金属やビーズが体の動きに合わせて鳴り面白い。男性はアクロバティックに女性は滑らかに踊る。
IMG_1250.jpg

皿回しや歌舞伎のような仮面をつけた踊りもありつつ、最後にメインイベント!ファイアーダンス!!
火を体に擦り付けたり、火の点いた棒を直接咥えたり。
P3288160.jpg

最後には真っ赤に燃える石の上を歩くのであります。歩く前には大きなうちわで火が燃え盛るよう思いっきり扇いで、油注いで炎をあげて、見ている我々ですら熱くてかなわん。全く持って「踊り」ではなかったけれど。どうやって鍛えているんだろう?スリランカだし、ハイレベルなトリックと言うよりはひたすら鍛えてやってるように思うのだが…
P3288169.jpg

宿
セバナゲストハウス
ダブル、ホットシャワー、ファン付き1500ルピー
地球の歩き方オススメの宿。メッセージノートあり、ちょっと情報が載っている。
数年前までpeter中岡という日本人のおじいさんが日本語教師としてキャンディにいて、この宿に10年以上住んでいたらしい。部屋は綺麗だし、スタッフはとても感じが良かった。そしてメシが美味い!
スリランカの大衆食堂のカレーは作り置きのが多いし、スパイスが強くて唇が痺れ、コクを味わえないものが多かったが、ここのは外国人用に程よくマイルドでそれでいてスパイスの香りが素晴らしく広がるのである。生姜とローリエ、松の実などをバターで炒めて圧力鍋で一緒に炊いたご飯がこれまた絶品。レストランではないので、現地の宅にお邪魔してご馳走になっている気分。
IMG_1264.jpg

但し、ここで紹介されるアーユルヴェーダは微妙。
2時間50ドル。1時間半35ドル。+送迎トゥクトゥク代400ルピー

コロンボ→キャンディ
バス01番 インターシティで3時間半。インターシティはエアコン付き
エアコンなしのノーマルのバスももちろんいっぱい走っているが、こちらはボロボロの路線バス。そこら中で停まるので遅い。値段はインターシティの半分。
電車もあるけど使ってないので詳細不明。線路は歩道として機能している?
IMG_1211.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/150-1cc564a0

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。