--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/152-3bbc9c26

04/10

2500年前から1000年前までスリランカの都があった所。今はメインストリートを離れるとゲストハウスぐらいしかない思ったよりずいぶんと小さい町。

南北5km、東西2kmにわたり遺跡が広がるので自転車を借りて観光へ。
岩と一体となったイスルムニヤ精舎。岩の上に仏塔があり、岩囲まれた本堂。なかなかカッコイイ。観光客は我々二人だけ。駐車場では地元の人が米の籾殻とりをやっていた。本堂には日本の浅草寺の援助で塗り替えられた寝釈迦が。
IMG_1313.jpg

汗だくになって自転車を漕いでいるとアイス売りのおじさんを追い抜いた。Highland印のアイスは濃厚でなかなか美味。
P4018225.jpg

次にスリーマハー菩提樹へ。インドのブッダガヤーの分け木を運んできたものらしい。かなり厳重に保護されていて入るには何重ものポリスチェック。木の周りには柵がありそれ以上近づくこともできない。

さらに田舎道を走る。Museumの前を通り過ぎようとしたら呼び止められて、チケットチェック。遺跡地区といってもゲートとか入り口があるわけでもなく、地区内には民家あり、水田ありのただただ牧歌的な光景。遺跡の上に洗濯物が干してあったり。
P4018237.jpg

ここ以外チケットは一度もチェックされなかった。

遺跡地区内に軍隊の駐屯地?もあるらしく、ぐるっと迂回。ピストルを持った軍人も笑顔で手を振ってくれる。アヌラーダプラのシンボル、ルワンウェリ・サーヤ大塔が見えてきた。
P4018231.jpg

土台はぐるっと一周ゾウの彫刻。横では牛が草を食べている。のどか!
IMG_1318.jpg

門にもゾウの彫刻。すっかりワイフのお気に入り!
P4018236.jpg

観光客はちらほら。主にスリランカ人のようだ。観光客より修復工事のおじさんたちの方がずっと多い。

さらに1.5km自転車をこぎ、ジェータワナ・ラーマヤという大塔へ。こちらも修復中。

近くには王妃の建物跡クイーンズパビリオン。ここだけではなく、遺跡地区のあちこちにおなじような石柱群が見られた。学校帰りの子ども達が自転車を走らせている。ここには輪廻転生を意味するムーンストーンがあった。
IMG_1330.jpg

さらにかつての大乗仏教の総本山アバヤギリ大塔へ。ここも修復工事のおじさんしかいない!なお現在のスリランカは上座部仏教である。
P4018253.jpg

酷暑の中自転車でこぎ回ること4時間。とても素朴でのどかな世界遺産であった。

宿
ホテルシャリニ
ダブルエアコン付き2300ルピー、テレビ(NHKが映る!)、蚊帳付き、ホットシャワー
なかなか綺麗で広い部屋。ネットもある。日本語は使えないが自前のラップトップは繋がせてくれる。地球の歩き方に載っているだけあって、誰かが置いていった日本語の本や文藝春秋があった。ホテルのレストランは高い割りに味は普通。マッシュルームスープは完全に洋風の味付けだった!

ダンブッラ→アヌラーダプラ
ノーマルバス たった60kmでも2時間半くらい。本数は多い。アヌラーダプラに入る前にポリスチェックあり。インターシティもあるけど、満席で乗れず。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/152-3bbc9c26

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。