--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


03/02

ブータンの旧正月休みを利用してコルカタ視察へ。2013年秋から国際線営業を始めたブータン初の民営航空タシエアーまたの名をブータンエアラインズは、1日1便パロからコルカタ経由でバンコクを往復している。国営航空Druk airよりやや安いそうだが、客はガラガラ。drukはいつも混んでいてハイシーズンにはなかなか予約がとれないのに、tashiはフライトキャンセルが時々あり、旅行会社もツアー客の予約をしづらく客が少ないらしい。おかげで直前でも楽勝で予約できた。リトアニアの航空会社の機材とスタッフが提供されていて、フライトは全く問題なし。
タシ航空

コルカタの空港は巨大でとても綺麗だった。17年前に来た時にどんなだったか全く思い出せないほど。街も建設ラッシュで郊外には綺麗なマンションや会社、ホテル、ショッピングモールが立ち並んでおり、横にはベンツが走り、インドの発展が感じられる。
建築

町中に入れば、路面電車が出迎え、アンバサダーの黄色のタクシーとオートリキシャー、サイクルリキシャー、車車車。そこはやはりカオス。ニューマーケットは日曜で休みだったが、周りには山ほど店があり、人人人。マサラドーサとラッシーのランチ。おいしかったけれど、この後が同行者が次々とお腹を下したのはラッシーのせいだと思う。素焼きの使い捨ての器のチャイ屋も健在だった。どの店もFIXプライスで、値下げに全く応じてくれない。インド人をほとんど同じ値段を最初から言っているようでびっくりした。これもインドの発展??
路面電車
ニューマーケット
マサラドーサ
チャイ屋
アイス屋

コルカタといえばマザーテレサの家へ。日本人ボランティアを対象とした日本人シスターのお話があり、ボランティア登録をしていないのに間違って紛れ込んでしまった。話が終わると20人ほどの日本人ボランティア達はツアー会社のバスに乗って帰って行った。どうやらボランティアのツアーがあるようだ。発展しているとはいえ、市場や寺院の近くでは物乞いや路上生活者がおり、マザーテレサの精神はまだまだ必要なようだ。
マザーテレサの家

シスターの話を聞いたらすっかり日も暮れてしまったが頑張って観光を続け、ヒンズー寺院のカーリーテンプルへ。門前にはヒンズーの神様グッズなどを売る店がずっと並んでいる。寺院に入ると定番の勝手にガイドしだす人。絶対にお金を払わないからと言っても、構わないと言ってついてきて無理やりガイドを続ける。寺の外の池まで案内されて、最後に少しお布施を要求されたが笑顔で返すとあっさり解放された。インドもだんだん変わっていっているのだなあとまた実感させられた。
カーリー寺院

タクシーの値段交渉は相変わらず大変だったが、ずいぶん大人になったので多少ぼったくられても乗ってしまう。急げとは言っていないのに、レースのごとく車線変更し車の間をすり抜けていく暴走タクシーだった。5人居たので残念ながらさすがにオートリキシャーには乗れなかった。市場の近くに戻り、人と車のカオスに疲れたので、最高級ホテルのオベロイのレストランへ。高級カレーとワインを楽しんだら、一人8000円くらいのディナーになった。ホテルの中は周囲の喧騒が嘘のように静かで優雅な時間であった。
最後に乗ったタクシーの運転手は住所を見せてもホテルの場所がわからず、何度も道端の人に聞きつつ何とかたどり着いたのだった。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。