FC2ブログ

06/22

夜9時にイスタンブールを出たバスは朝8時頃カッパドキアのギョレメという町に到着。
ギョレメに近づく辺りから奇岩、奇岩で景色がすでにやばい!
オトガル(バスターミナルのこと)にホテルの客引きはおらず、ガイドブックを見つつ、手頃な物件を物色。岩の中の洞窟部屋を案内された。広くないけれど、まさに洞窟に住まうという感じで、気に入ってしまった。1日45リラ(4500円)と予算オーバーだが、決定!
IMGP2073.jpg IMGP2050.jpg

夜行バスで疲れたので、だらだらして夕方から観光!ローズバレーというピンク色の岩のあるところまで散歩。日なたは暑いが日が陰るとTシャツでは涼しすぎるくらい。色々な形や色の岩、岩をくり抜いた住居跡など飽きない景色だ。馬で回るツアーもやっていた。軽く見に行っても2時間くらいかかった。馬かバイクがいいな
P6201182.jpg P6211191.jpg

P6201180.jpg

晩御飯を食べに出る。なんだかよくわからないけれど10%offにするからと言われ、オトガルの前のレストランへ。久しぶりにツーリステックなレストランに入った。話好きな店員で、いろいろ話をしていたら、焼きたてのパンやら、チーズやら、フルーツの盛り合わせやらいろいろ頼んでもないものを出してくれた。その分請求されるのではとハラハラしたが全てサービスだって。食後のコーヒーも勧められたがビビッて断ってしまったのだが、飲んでおけばよかった。本当にサービスがよいだけだったんやね。睡眠薬強盗被害者とか見たばっかりだったから、なかなか人を信用できなくなってます。

翌日はきのこ岩を見にバスで5kmくらい先の町チャヴシンまで。昨日のレストランのお兄さんが、バスを待っている間アップルティーをご馳走してくれた上、バスが来るのを見張っててくれた。
乗り合いバスを降りて1時間弱歩く。出ました!ニョキニョキ生えてます!きのこ岩。観光用のラクダさんもいる!!
IMGP2059.jpg IMGP2062.jpg IMGP2061.jpg

歩いてきた人は我々以外にもう一人だけで、観光バスの団体客がワンサカいた。というか、ここにも乗り合いバスが通っていた!のでバスで10分で帰れちゃいました。
宿の近くの絨毯屋の親父に捕まり、チャイをご馳走になりつつ、絨毯を大量に見せられる。日本語が堪能で、高島屋とか三越とかでもイベントをやって、絨毯をたくさん売ったのだと。やっぱり日本だとデパートが信用があるからよいのだそうだ。丸い絨毯は高くて、これでも100万円以上で売れるのだと。ほんまかいな?ここで買えば20万円くらいだからどうだ?って勧められた。家も引き払って出てきたから買うわけないんだけれど。絨毯屋の隣にはご丁寧にDHLがありました。これで送れってことね。
P6211206.jpg

夕方になり岩の城ウチヒサルへ。5kmくらい離れているので、バスで。遠くから見てもかっこいいが、近寄るとなお良い。3リラ払って入る。登っていくと、本当にすごいパノラマ!近くには、岩をくり抜いた洞窟住居跡が無数にあり、遠くはローズバレー、ラブバレー、ピジョンバレー、雪をかぶった山(エルジエス山?)、双眼鏡を使えば、きのこ岩の地帯まで見える。
P6221213.jpg IMGP2090.jpg

城を出てふもとへ下ろうとすると、地元のおっさんがついてきて勝手にガイドし出した。けっこう坂が急で滑るし、教会跡の洞窟部屋の入り口なんかも教えてくれて、都合が良いので勝手にガイドをさせておいた。洞窟部屋内部は教会跡だったりします。上のほうの小さな十字が見えますか?
IMGP2092.jpg P6221228.jpg

ふもとについたら、金は請求されなかったが、お別れの挨拶に乗じて嫁にセクハラをしだした。トルコでも欧米人と同じようにほっぺをあてて挨拶するのだが、ほっぺにチューはおろか、口でのkissを迫る始末。ダンナが目の前にいるのに信じられん。最初は笑ってみていたが、さすがに止めた。
女性の皆さん気をつけましょう。暗い夜道とウチヒサルのトルコ人。夕焼けに染まるギョレメ、ローズバレーを見つつ、歩いて戻る。
P6221240.jpg

壷に牛肉とトマトなど野菜のスープをいれて焼いた料理が名物らしく、食してみた。もちろん美味。さすが世界3大料理!
カッパドキアの景観はマジで半端ないです。人生一度は見に来るべき。マストやわ。

イスタンブール→ギョレメ バス 11時間 40リラ

アナトリアペンション
ドミトリー10リラ 朝食つき(ドミトリーも洞窟部屋!)
ダブル(普通の部屋)40リラ シャワー、トイレ、朝食つき
ダブル(洞窟部屋)45リラ シャワー、トイレ、朝食つき
インターネット無料、宿の奥さんフランス人らしい、テラスはハンモックもあってくつろげる
洞窟部屋も探せば、もうちょっと安いところもありそう。

レンタルバイク 15~20リラ/hr
ガソリン代が1L3リラくらいするらしい。サントリーニで乗ったような4輪バイクも見かけたが、トルコでは一般道は走るのが禁止されているとのこと。ドルムシュ(乗り合いバス)なら1回1~1.5リラと圧倒的に安いので、バイクは諦めた。

ツアーは1日50リラ。気球は1~2時間で110~200ドルくらいが相場みたい。

リラ高で1リラ90円→100円に上がってきてます(涙)
スポンサーサイト



4 Comments

  • Name:
  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007/06/22 19:58 |  
  • Name:10番
  • お久しぶりです。予想通り楽しい旅のようで・・・。睡眠薬攻撃は恐ろしいですね。気をつけてっていうか、気をつけられませんね。とりあえず、目の前のトルコ人から奥様をお守り下さいませ。僕は今、ダンナの先輩の下で、毎日仕事に遊びに励んでおります。ダンナみたいになれるように頑張ります。では、引き続き楽しい旅を・・・
  • 2007/06/22 22:48 | URL 
  • Name:ゆ
  • やばいな。カッパドキアの景色!!!
    これはマストですわ。いつか行こう。
    拍手!拍手!拍手!
  • 2007/06/22 23:49 | URL 
  • Name:めおと
  • 10番ってオレンジさんっすよね?
    夫婦仲良く是非夏休みはカッパドキアへ!
  • 2007/07/03 05:28 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/42-9baafdcb

  • DHL
  • DHL)DHL(ディーエイチエル)は、航空機を主体とした国際宅配便を扱う運送会社。および黄色のカラーでおなじみのブランド名。現在はドイチェポスト(ドイツの郵便会社で、日本の日本郵政公社に相当)の子会社。日本では日本法人として#ディー・エイチ・
  • 2007/07/04 from ひかるの記録

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク