FC2ブログ

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/44-2210869d

06/29

1シリアポンド2.5円。

前日の夜6時半にギョレメのバスターミナルを出て、次の日の昼12時半にシリア第2の都市アレッポに到着。暑い!暑すぎる!!イスタンブールやローマの比ではない。これからヨルダン、エジプトはどうなるのだろう?
街の雰囲気が一気にアジアに似た感じになった。雑踏、無秩序…
歩き方に載っている宿へ。日本人が6人も泊まっている!暑すぎるので観光もせず宿で過ごす。最上階のレストランの温度計は39度。午後2時間毎日節電のため?の停電がある。タイヤ屋街の中に安宿が散在。
P6251329.jpg

昼は近くの大衆食堂で鶏肉の煮込み、豆のスープ、サラダ、ライスのセット。量がめちゃめちゃ多くて食べ切れません。(フルセット250ポンド、スープセット100ポンド)
晩御飯はファラーフェル(豆のコロッケ)のピタ=15ポンド
コーラ=15ポンド
ソフトクリーム=5ポンド!
ビール=50ポンド とにかく物価が安い!!昼は物価も知らず、豪勢に食べ過ぎた。
ビールは夜だけ開く酒屋で購入。イスラム国でも結構堂々と売っているのね。
オリーブオイルとでできたアレッポ石鹸が名産品。高級品で1個200円くらい。東急ハンズで買うと800円くらいするらしい。
25日は、気合を入れて観光へ。世界遺産にもなっているスーク(市場)へ。アーケードになっていて暑さはしのげる。細い路地が縦横に走っていて、買い物の人々でごったがえす。
P6251292.jpg P6251293.jpg
食料品、香辛料、衣類、宝飾品…ウエディングドレスまで何でも売っている。子供用のドレスも!長袖のアラビアンなシャツと身体洗いタオルを購入した。
P6251299.jpg P6251300.jpg

1kmほどのスークを抜けるとアレッポ城に到達。屋外は暑すぎるので外から眺めて見学終了。
P6251295.jpg

スークに接してグランドモスクもあり。ここは異教徒にも解放されていて、入場。お祈りする人々。これはお祈りの時間??
P6251304.jpg P6251307.jpg

ムスリムといえば無料で入れるみたい。肌を隠す被り物を借りたので二人で25ポンド。学生かと聞かれてイエスといったら半額になった。受付のおじちゃんとアハメド君にチャイをご馳走になり、アラビア語を教えてもらった。アハメド君10歳なのに英語が上手。
昔ヨーロッパの隊商が泊まったキャラバンサライヘ。今は普通の建物。十字とモスクのような形がデザインされた門が残る。中にはお土産屋。石鹸やスカーフを勧めてくる。
P6251318.jpg P6251319.jpg


ギョレメ→アレッポ バス
カイセリ、アンタクヤで二回乗り換え 55リラ
カイセリで乗り換え待ち4時間!Su-hu社の待合室で待たせてもらう。とても新しくチャイ飲み放題で快適。アンタクヤはトルコではhatayという方がメジャーな呼び方らしく、アレッポもトルコの人はhalebと呼ぶ。日本とjapanみたいなものか。
カイセリーアンタクヤは9時間くらい。アンタクヤのターミナルで売店のおっさんがトルコリラとシリアポンドを闇両替してくれたが、異常にレートは悪い。国境で替えた方がよさそう。アンタクヤーアレッポのバスは急にボロくなる。エアコンもほんのり効く程度。国境はトルコ側の建物は非常に綺麗。これもEU加盟を意識してのこと?バスでシリア側のイミグレへ。入国もビザを持っていたのですんなり通過。しかし国境の道でトラックが2重駐車、順番は守らない、喧嘩はするといった状態で国境越えには1時間以上かかった。

Spring flower hostel
アレッポの有名な安宿。ダブル500ポンド。ドミトリー200ポンド。情報ノートあり
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/44-2210869d

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。