FC2ブログ

07/26

混沌の大都会カイロに来ました。タコさんがあの町はカオスやと評していましたが、まさに言い得て妙。スーク(市場)は広大で、エジプシャンのみなぎるパワーに圧倒される。元々物価が異常に安いのだが、いくら値切ってもローカルプライスにはならない。土産物はなかなかdiscountしてくれないし。それでも安いのでアフリカに向けて、マグカップ、LEDライト、靴、CDRなどなど購入。
IMGP2477.jpg P7191789.jpg

アンマンで会った旅行者に「ピラミッドより良かった」と言わしめたスーフィーを見に行った。イスラム神秘教団スーフィーのダンスで、男の人が音楽にあわせてクルクル回る。回る回る30分くらい回り続けていた!ダンスも衣装も音楽もアラビア感満点で、終わった時にはブラボー!ブラボー!拍手鳴り止まぬといった状態でした。あんまり素晴らしいのでムービーも撮っちゃいました。しかもこれは無料で見られるのです。水曜と土曜の夜、必見です!
IMGP2472.jpg IMGP2473.jpg

考古学博物館にツタンカーメンの黄金のマスクを見に行く。金ぴかに光ってます。写真禁なのが残念。発掘調査してこんなものを見つけたら、びっくりするんだろうなというお宝が満載。盗掘された品はどこに行ってしまったのだろう?一休みしていると古代エジプトの歴史を勉強している地元の学生たちに囲まれた。ヒエログラフで名前を書いてもらった。
P7201798.jpg

なかなか早起きができず、ピラミッドへ向かったのは最終日。快適なエアコンバス(2ポンド=42円)で30分弱。でかいのが見えてきました。クフ王!さすがの迫力!!一段一段かなり大きい。数年前までは夜に警備の眼を盗んで、ピラミッド登頂をする日本人が結構いたようだが、今はかなり難しいみたい。カフラー王のピラミッドなんて上がツルツルになっていそうだがどうやって登ったんじゃ?日本人バックパッカー御用達のサファリホテルの情報ノートには登り方が書いてあるらしい。
IMGP2486.jpg IMGP2505.jpg

P7201806.jpg

ポリスもラクダに乗っている。悪評高い自称ガイドやラクダ乗りのおっさん達の口撃は思ったより大したことがない。チケットを見せろといって、取り上げて強引にガイドしようとしたり、チケット売り場もないのにこっちだと言ってラクダに乗せようとしたりしてくるが、全て想定範囲内。ポリスが大量に見張っているからだろう。
IMGP2482.jpg

クフ王のピラミッドの内部を見るには100ポンド(2100円)!もするので、隣のカフラー王の内部に入った。こっちは25ポンド。かがまなければ入れない狭い階段が続く。幅も人とすれ違うのがやっと。とにかく暑い!普通、こういうのって内部は涼しいはずなんだけど。頭を5回ぐらいぶつけた。奥には広い空間に石棺?があるのみ。入る必要なしという人がいるのもうなずける。
北や東を見れば、ギザの町だが、南を見れば砂漠。10時を過ぎるとすでに暑い。スフィンクスとキスをしてから、スフィンクスが四六時中眺めているケンタッキーへ!11時開店のため入れず、そそくさとバスでホテルに戻る。スフィンクス側からはエアコンバスはないので、ローカルバスを利用した。めちゃくちゃ満員で、前の席が空いても地元のおばはんが、大阪のおばはんも真っ青のガメつさで割り込んできて、座れやしない。0.25ポンド(5円)で戻って来れました。
P7201815.jpg IMGP2499.jpg

P7201817.jpg P7201829.jpg

下の右の写真はバスから撮ったナイル川。

南アフリカへのフライトまで暇なので、床屋に行きました。散髪料も交渉性。最初40の言い値が20まで下がりました。これでもかなり高いと思う。
ほとんどの部分をバリカンで切られました。その昔、とある友人がエチオピアでヘアカットしたのを思い出した。前髪は真横に一直線、パツンとハサミを入れてくれます。小学生の頃のスポーツ刈りに近い感じに仕上がりました。調子に乗ったおっさんは、顔パック、産毛抜きと次々と技を繰り出してきた。されるがままの我々。サービスな訳はなく、結局終わってからまた値段交渉。暇じゃないと疲れる国です。
右はタコ糸による産毛抜き。結構痛い。(ワイフは顔パックと産毛抜きだけにしました。)
P7201855.jpg P7201852.jpg

イスマイリアホテル
ダブル60ポンド。ファン、朝食付き、トイレ、シャワー共同。昔から歩き方に載っているタフリール広場の有名宿。蚊少ない。外から弱いが無線LANが飛んでくる。
日本人カップルが4組も泊まっていた。日本人、韓国人多し。
宿の裏のジム?小錦もいる!!
P7201799.jpg

物価(1ポンド=21円)
生絞りマンゴージュース小 1.5ポンド
コーラ瓶 1ポンド
コシャリ小 1.5~3ポンド
コシャリとはマカロニとスパゲッティと米を混ぜたものにトマトソースをかけた炭水化物の塊なエジプト人のsoul food。結構イケル。ワイフはかなりのコシャリスタになりました。いつか我が家のメニューに加わるのであろう。
P7201800.jpg

ピラミッド、考古学博物館入場料各々50ポンド。博物館近くの変なおじさん。
P7191793.jpg

カイロでは本物の国際学生証が作れるのですが、日本の学生証の英語の証明書が要ります。学生証にstudentとかuniversityとか書いてあればOKですが、僕の大学時代の学生証は日本語のみだったので、作ってもらえませんでした。場所はイスマイリアで教えてもらえます。
スポンサーサイト



2 Comments

  • Name:ゆ
  • やっぱりアフリカの床屋は恐ろしいですな。
    彼らの切り方は前髪は横一直線だよね。
    それよりその見に行ったダンス面白そうだな。アラビアの雰囲気満点でナイス!

    エチオピアでヘアカットしてひどい目にあった友人より
  • 2007/07/27 23:18 | URL 
  • Name:変な髪形の人
  • イベリア航空のオフィスがなくて、旅程変更難航しております。なんとかパリに行ける様頑張ります。

    明後日から20日間南ア、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエのサファリに行ってきます!
  • 2007/07/28 02:11 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/55-c2a0843d

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク