--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/76-ef8cc024

  • ソウルソウル特別市(ソウルとくべつし)は、大韓民国の首都。1946年に特別市となる。李氏朝鮮500年の王都で、四神相応の思想によって建てられた。なお、「ソウル」は韓国語(朝鮮語)のみで表記することのできる固有語である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Qu
  • 2007/10/21 from 首都の旅

09/27

1エチオピアブル=13円

9月11日の夜8時にエチオピアの首都アジスアベバに到着。空港が新しくなっている。
今日はなんと!エチオピアの大晦日!!
というのも、エチオピアは所謂西暦であるグレゴリウス暦ではなく、ユリウス暦というのを採用していて、西暦より7年8ヶ月遅れなのだ。つまり、明日は2000年の元旦!!
P9183127.jpg P9123019.jpg

我々にとってはちょっと懐かしさすら漂う響きのミレニアムとやらでエチオピアは大盛り上がり!空港近くのスタジアムでは年越しコンサートが行われていた。
飛行機を予約した時点では、ミレニアムであることは知らなかった。ネットで数日前に知り、慌ててアジスアベバの宿を予約したのだ。ナイロビから電話をしたら、第一希望のタイトゥーホテルは満室といわれて、5年前にエチオピアに来た時に泊まったバロホテルを予約した訳だ。ホテルの近くのピアッサと言うエチオピア一の繁華街は、音楽ガンガンで飲めや踊れやの大騒ぎ!お姉さんたちはステキな勝負服だ。
標高2400mのため軽い高山病にやられ、部屋で寝て、人生2度目のミレニアムを迎えた。と、外から爆音が!慌てて外に出ると、打ち上げ花火だ!なかなか派手だ。店で踊っていた群衆も外に出てきて大きな花火が上がるたびに歓声があがる。30分近く花火は続いた。この花火代だけで学校が何校建つのだろうと余計な心配をしてしまうほどだった。
P9123026.jpg P9123036.jpg

9月12日ニューミレニアムデイは生憎の雨。町では祭りがあるという話だったが、寒いので諦め。
P9123041.jpg P9123042.jpg

ホテルでエチオピア伝統のコーヒーセレモニーを楽しむ。エチオピアはコーヒーの原産地と言われており、コーヒーが美味しい。コーヒーセレモニーとは、青草を床に敷き、香をたき、生のコーヒー豆を煎るところから始める。お祝い事など、事あるごとに各家庭で行われているらしい。やや粉コーヒー的な味わいだが、香りが高く美味しい。
IMGP3482.jpg IMGP3474.jpg

更に、4年間だけイタリアに支配されたことがある影響か、コーヒーメーカーかどこにでもあり、美味しいカフェラッテが飲めるのだ。
エチオピア大使館のホームページには、スターバックスの批判まである!

今回エチオピアに来た目的は色んな民族に会うことで、彼らは主に南部に住んでおり、まずはアルバミンチと言う町を目指す。エチオピアのバスはハードなことで有名なのだ。特に雨季は道路がボロボロに。そろそろ雨季も終わりのはずなんだけど…
ほとんどのバスが朝6時に出発するのだが、5時のバスターミナルの開門とともに大群衆の席取りゲームが始まり、バスターミナルはカオスと化す。長距離バスはどの方面も大体1日1便くらいしかないし、前日にチケットを買っていても席の指定はないので、席を確保しないと置いていかれるのだ。
P9133053.jpg

4時起きで無事席を確保し、12時間の長旅が始まる。3時間ほどで朝食休憩。こんなところでエチオピア人になかなか流暢な日本語で話しかけられた!日本に9年住んでいて、太陽コンサルタンツという会社で働いているシェムスさん。夏休みで里帰りらしい。ミレニアムだからね!
バスは、使い古しの日本の市バスに5列のシートを取り付けた感じ。背もたれは肩甲骨ぐらいまでしかない。アルバミンチまでの半分を過ぎた辺りから、舗装はボロボロになり、バスが上下左右に揺れる。
P9133058.jpg

前ではこどもがゲロを吐き、後ろでは大人がゲロを吐く、ゲロにはさまれた数時間に耐え、目的地まで1時間を切ったところで、ついに立ち往生。雨で増水した川が道路を流してしまったのだ。バスを諦め、膝上まで水に浸かりながら、川を渡る。渡りきったところで、バスが迎えに来ていて、なんとかアルバミンチに辿り着いたのだ!
P9133063.jpg P9133064.jpg

道中のこどもと家
P9133055.jpg P9133057.jpg


メモ
アジスアベバの宿 バロホテル
ダブル、シャワートイレつき、110ブル、共同シャワーはホット、蚊帳なし
ミレニアムでアジスアベバの宿は激烈に値上げされている。
歩き方に載っているが、南京虫に注意と書かれてあり(エチオピアの宿はかなり虫が多いとの情報、たとえいい宿でも)、殺虫剤をベッドに撒き、ギンギラシート+寝袋使用。おかげで虫刺されなし。西洋人のツーリスト多し。しかし現地人の連れ込み宿でもあるようだ。

アルバミンチの宿 ツーリストホテル
ダブル、ホットシャワートイレつき、蚊帳あり、168ブル
あるブログで超きれいと書かれており、迷わず直行。エチオピアと思えない清潔さ。
歩き方にも載っている。殺虫剤、シート、寝袋不要。快眠!

エチオピア料理
何といってもインジェラ!これなしには語れない。
日本では相当マイナーだが、エチオピア人のソウルフード。インジェラを一言で評すると酸っぱい巨大なクレープ。これにワットと呼ばれるスープのようなものをつけて食べる。
5年前に訪れた際に、あまりの不味さに辟易とした思い出があったのだが、今回懲りずに再挑戦。レストランで近くのエチオピア人が食べているワットがあまりにいい匂いなので二人で眺めていたら、食べろと勧められたのだ。日本代表として恥ずかしい行動はできないと意を決して食べた二人。「あれ!?意外にイケる!」これが二人の第一印象。アフリカの料理に鍛えられた成果か!?ガーリックとスパイスが効いたすりつぶした豆のワットがインジェラの酸っぱさを中和してくれている。
日本在住9年のシェムスさん情報では、目黒にインジェラを出すエチオピア料理屋があるらしい。でも美味しくないと…各国料理にトライしたい物好きな人は行ってみて下さい。但しデートではやめたほうがいいです。
IMGP3490.jpg


おまけ いかにもエチオピアな下手ウマな絵
P9143070.jpg P9143071.jpg

これもギャラリーフェイクの作品に出てくるのだろうか?
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/76-ef8cc024

  • ソウルソウル特別市(ソウルとくべつし)は、大韓民国の首都。1946年に特別市となる。李氏朝鮮500年の王都で、四神相応の思想によって建てられた。なお、「ソウル」は韓国語(朝鮮語)のみで表記することのできる固有語である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Qu
  • 2007/10/21 from 首都の旅

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。