FC2ブログ

10/11

ノイシュバンシュタイン城からミュンヘンに戻ったら、ベルリン行きのICEに乗り換え。パックツアーを超える勢いで観光、移動を続けています。
ICEは2等でも車両も新しくて快適。座席には電源までついている。予約されている座席は半分以下。レイルパスを持っていれば、予約表示のない席ならどこでも座れる。ベルリンまで5時間半、地図で見ると600kmくらいしかなさそうなんだけど…日本の新幹線なら東京から博多まで行けるぞ!
ベルリンには以前、職場で同期だったカンちゃんが住んでいる。3日前くらいに連絡が取れて、突然の訪問にもかかわらず歓迎してくれるとのことで強引に押しかけてきたのだ。カンちゃん宅はベルリン中心部近くのビルの22階!
ザクセンハウゼン強制収容所
ベルリン郊外にある第二次大戦時代の政治犯やユダヤ人の収容所。広大な敷地に当時の収容所の様子が再現され、展示のパネルや写真は驚くほど量が豊富で、設備も新しく、2度とこんなことをしてはならないというドイツ人の気合が強く感じられた。
PA023369.jpg IMGP3862.jpg

拷問、強制労働、栄養失調などで死んだ人、大量虐殺後の火葬場もあり。ここで収容所生活が終わるという意味でstation Zと名づけられた。
IMGP3872.jpg

ここに収容された人がどんなにひどい扱いを受け、多くの人が死んでいったかと考えると精神的にショックを受ける。加えて、展示の多さ、敷地の広さで、見学はかなり疲れた。生体実験室はどこかわからず、全部は見きれなかった。
日本では有名ではないが、現地の?中高生の団体やツアー客がたくさん来ていた。ユダヤのダビデの星の旗を掲げた学生の姿も!!入場無料。オーディオガイドは有料だが、日本語なし。
多くのドイツ人は責められている感じがして、戦争の話はしたがらないそうだ。
IMGP3867.jpg IMGP3858.jpg IMGP3865.jpg

カイザーヴィルヘルム記念教会
ドイツ第二帝国皇帝ヴィルヘルム1世を記念して建てられた教会。第二次大戦で破壊されたが、そのまま保存されている。原爆ドーム的存在。写真ではかすんでしまっているが、後ろのビルの天辺にはベンツマーク。
隣に新しい教会が建てられているが、青いステンドグラスがぐるりと張り巡らされていて壮観!ここも無料。
IMGP3877.jpg IMGP3881.jpg

ブランデンブルグ門
プロイセン王国の凱旋門。東西分裂時代には裏にベルリンの壁があって、近づくこともできなかったそうだ。現在は統一の象徴とされ、ドイツのユーロコインのデザインにもなっている。ところが我々が行った日は、隣で野外ライブが行われていて門には近づくことができず。前の広場には観光客目当てのたくさんの大道芸人もいた。入場無料の野外ライブはかなり本格的であった。ここではよくいろんなイベントが開かれるらしい。
IMGP3884.jpg PA033443.jpg

国会議事堂
正面から見ると歴史を感じさせる建物だが、内部と上部はかなりのハイテク、特に上部のガラス張りのドームはお洒落建築。内部を上から見ることができる。人気の観光スポットらしく、セキュリティーチェックもありいつも大行列。上にあがると眺めが良いこともあり、夜になっても30分以上並んだ。ここも無料。
IMGP3883.jpg PA033427.jpg

PA033438.jpg

ペルガモン博物館
川の中州に博物館が4つ並ぶ博物館の島にある。博物館の島は世界遺産らしい。
この博物館には、修復、復元されたトルコの「ペルガモンのゼウス大祭壇」やイラクの「バビロンのイッシュタール門と行列通り」がある。今まで見てきたギリシャ、ローマ、ヘレニズムの建築物も彫刻は色が残っておらず、大理石そのままの色だったが、バビロンのイッシュタール門は青いレンガ作りで、色があるとこんなに印象が違うのかと非常に感動した。ここに来て初めて入場料を払った。(8ユーロ、学割半額、日本語のオーディオガイドつき)
IMGP3905.jpg

ベルリン大聖堂や、東京タワーより高いテレビ塔は眺めるにとどめた。テレビ塔はワールドカップの時サッカーボールのデザインになったのだそうだ。
IMGP3893.jpg IMGP3892.jpg

他にもバウハウス展示館、ユダヤ博物館にも行きたかったが時間がなく断念。ベルリンフィルや、オペラ、バレエなんかも日本で見るよりはるか安く見られると聞いて、音楽や芸術に疎い我々も関心を示したが時間不足。ベルリンって壁ぐらいしかイメージがなったけれど、東西統一後18年、ドイツの首都として観光客の数もユーロ圏第3位と、ヨーロッパの中でも注目度の高い熱い町の一つらしい。観光できたのは実質1日ではさすがに短すぎ、予備知識がなかったこともあり、ベルリンは予想外によかった。今が旬みたいやで。

夕食はベルリン名物アイスバインに挑戦。要は豚足。味は予想通り微妙なのだが、とにかく凄いのはその大きさ。立体的にでかく、握りこぶし2個以上。昔カナダで食べたステーキもデカかったが、それをはるかに凌ぐ。完敗。
PA033449.jpg PA033452.jpg
カンちゃん、ドイツ人の彼と4人で飲みに行く。ドイツのビールはどこでも本当に美味しい。ベルリナーバイセという甘いビアカクテルもよろし。
10月3日はドイツ統一の祝日。カンちゃん家から歩いて5分のところにチェックポイントチャーリーという東西ベルリンの検問所跡があり、観光客で賑わっていた。壁博物館もあったが、入らずともたくさんのパネル展示があって様子がよくわかった。とくに東から西へ脱出を図った人達の写真が興味深かった。
PA033470.jpg PA033479.jpg

こちらが壁の跡。未だに旧東ベルリンの人は親ロシアだったり、西出身の人が東出身の人を見下したりすることもあるらしい。
PA033475.jpg

カンちゃん、2泊もさせてもらった上に、色々ご馳走までしてくれて本当にありがとう!最高に幸せなひと時でした。
スポンサーサイト



4 Comments

  • Name:ほ
  • 元気そうだね。
    カンちゃんはいまベルリンにいるんだ。驚き~。
    一緒に飲めて楽しそうだ♪
    日本人の大学生がイランで拉致られたりして物騒だから、気をつけて旅を続けてね。
  • 2007/10/13 09:12 | URL 
  • Name:めおと
  • 今、友達に会うのがマイブームです。
    海外に出かける予定があれば是非ご連絡を!
  • 2007/10/14 04:46 | URL 
  • Name:かん
  • 楽しんでくれたみたいで、良かった、良かった!また機会があれば寄ってみてください。気をつけて旅してね~。
  • 2007/10/15 00:58 | URL   [ 編集 ]
  • Name:めおと
  • 本当にお世話になりました。ありがとう。
    モロッコはあまりビールにお目にかかる機会がありません。ドイツビールが恋しい!
  • 2007/10/15 06:06 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://meototabi.blog102.fc2.com/tb.php/82-f3b64153

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク