FC2ブログ

最新スペイン(Spain)の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/11

ジブラルタルが見えてきた!高速船なら30分のところを、ゆっくり3時間かけてジブラルタル海峡を横断。夕日に染まるジブラルタルは美しい…
gibraltar.jpg

といっても我らの行き先はイギリス領のジブラルタルではなく、お隣のアルヘシラス。ここからもアフリカ大陸のリフ山脈が見える。
地球の歩き方ヨーロッパ編にはアルヘシラスの情報はないので、港のおじさんにスペイン語で(とは言ってもdonde?どこ、autobusバスって言っただけ)、バス乗り場の場所を聞く。港の前には安宿がたくさんあった。長距離バス乗り場もすぐ近く。適当に入った宿で、部屋を見せてと頼んでもおばちゃんに全く言葉が通じない!
「パスポート!」とひたすらパスポートを見せろと繰り返す。パスポートを出すと、
今度は紙を出して「サイン!!」と
部屋も見てないし、ここに決めたわけではないからなぁとまごまごしていると
「サイン!!!(怒)」いいから書けぇ~!!!って言っているように感じた。恐ろしい形相で迫ってくるのだ。悪徳商法じゃないんだから…コミュニケーション不能にて退散。
周りにもhostalが山ほどあったので小奇麗な宿にチェックイン。27ユーロなり~スペインも物価が上がったなぁ。
Hostalの隣の食堂でお待ちかねのスペイン料理。メニュー表がないので、ケースに並んだ食材を見せてもらいスペイン語オンリーの説明を聞く。スペイン語が恐ろしくプアーな我々は、鶏肉、魚など大まかな食べ物の単語と「美味しいよ」と「新鮮だよ」しか分からず。港町といったらやっぱ魚料理でしょう。調理法も値段もわからないまま魚を指差して注文。出てきたのは、前菜のサラダに、メインの魚のフライ、アンダルシア名物ペスカドスフリートスであった。オリーブもモロッコより美味しい。イワシその他名も知らぬ魚のフライがこれまた美味い!!ミントティーも頼んで一人9ユーロなり~
PA193861.jpg

翌日バスの時間まで、市街を散策。アラビア語標記があったり、部屋にもタイルが使われていたりとイスラム文化が残っている。陸は続いてないが、文化はモロッコとても近いと実感。
グラナダへのバスは、マラガ経由で3時間。マラガまではコスタデルソル沿いだが、天気も曇っているせいか、「太陽の海岸」という言葉ほど南国のパラダイスという感じはしない。それでもドイツ人やイギリス人がこぞってリゾートに来るからか、リゾートホテルやマンションの建設ラッシュであった。
グラナダの中心部で部屋探し。出ました満室の嵐!5件ほど回って「completo」「completo」「completo」今日は金曜日だった。やっと空いていたところはダブルで50ユーロ。予算オーバーだが、体調もちょっとすぐれないし荷物重いし、これ以上探す気力も失せてチェックイン。
日本語情報センターで激安中華を教えてもらえるとの噂があったので、早速出かける。セニョールマサシがお出迎え。
「まずはこれ読んで」と
2ユーロでふかひれスープ、どん底スーパー、ウサギを食べようなどなど怪しくタイプされたビラを渡される。噂のどん底中華は前菜、チャーハンか焼きそば、メイン、ビール、食後のデザートまでついてなんと5.5ユーロ!!むちゃんこ安い。久しぶりの豚肉!(モロッコはイスラム国故、豚肉は食せない)連日通いました。1泊30ユーロの宿も紹介してもらい、グラシアスセニョール!!お勧めパエリア屋、フラメンコツアーの紹介やアルハンブラのチケット手配はもちろんかなり幅広く相談に乗ってくれる。
アルバイシン地区にあるサンニコラス展望台へ。細い迷路のような階段を上がっていく。白い壁にタイルの標識、小さなバルコニーには花、イメージ通りのアンダルシアの町並みだ。展望台から見たアルハンブラはシェラネバダ山脈をバックに堂々とそびえたつ。
展望台には教会があって、結婚式をやっていた。バイクをフカしてブンブンブブブンッ!と盛り上げ、ライスシャワーで新郎新婦をお出迎え。ライスシャワー痛そう。観光客からも写真を撮られまくる新郎新婦。我々も一緒になってパシャリ。いろいろな人に祝福さて幸せそうでした。
IMGP4353.jpg

午前中は逆光で写真が上手く取れなかったのでリベンジ!夕方再び展望台へ。今度は夕日に染まる赤い城アルハンブラが撮れました。
IMGP4360.jpg

アルハンブラは王宮の入場制限があり、チケットが完売になることも多いと評判。インターネット予約も、1週間くらい先まで売り切れだった。仕方ないので当日券を求め、暗い中7時に宿を出て向かう。道すがら我ら以外に1組しか見かけず余裕かと思いきや、チケット売り場は長蛇の列。
PA213906.jpg

8時にチケット売り場が開くと、クレジットカードだと自販機ですぐに買えるとの情報が飛び交う。本当にすぐ買えた。放送でもクレジットカードが何やらと言っていたが、そういうことだったのね。セニョールマサシも知らない技でした。セニョール情報では、予約が満杯でも8ユーロの手数料を払うと予約が取れるという裏口入学みたいな技もあるらしいのだけど、当日朝一クレジットカードで十分でしょう。
正直、中東でイスラム建築はたくさん見て、観光擦れした我らはイスラム最高建築の誉れ高いアルハンブラ宮殿と言ってもあんまり期待してなかったのです。実際とくに驚きはしなかった。けど…
IMGP4406.jpg PA213922.jpg

綺麗に刈り込まれた庭園、緻密な彫りの壁、モロッコより完成度は高い。王宮はイスタンブール、トゥプカプ宮殿のハーレムよりも壮麗だと思った。城壁からアルバイシンを見下ろし、広い庭園を歩き回り、我々も4時間も過ごし、たぶんヨルダンのペトラに次ぐ滞在記録!なんだかんだ言って満喫した二人でした。朝起きして行って良かった。
宮殿からの眺め
IMGP4428.jpg IMGP4431.jpg

そうそう、一つ残念だったことが。王宮最大の見所の一つ、ライオンの噴水のライオンさん達がいません。2008年末まで修復中なんだって。皆さんアルハンブラ訪問は2009年以降にしましょう。
IMGP4410.jpg

夕方宿の近くでマリア像の御輿の行列に遭遇。これって聖週間にやるやつちゃうんけ?どういう催しかわからないけれどラッキィ。
PA213903.jpg

最後はセニョールお勧めのバルへ。奮発してイカ墨パエリアを食す。んまいんまいとがっついていたら、セニョール登場。自分の行きつけの店を教えてくれるとは、マサシ、アクの強いキャラだけど、いい人なんやね。
PA223946.jpg

3泊もした割には、観光はアルハンブラ一本勝負にしたので体調もすっかり回復しました。ご心配なく!

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。